NEWS
お知らせ

2020年9月30日

コラムvol.1『電力自由化について』

私たち新日本エネルギーは、2016年4月の「電力自由化」にともない新規参入した「新電力」のサービスです。でも、新電力のこと、皆さんご存知ですか?


■そもそも電力自由化って…?
電力自由化について
例えば、スーパーやショッピングモールでお買い物をする時、皆さんはどんなことを考えていますか?
たくさんの企業やお店が作った、たくさんの商品・サービスを見比べて、
「とにかく安い!」「機能があって便利なもの」「きれい・かっこいいもの」「口コミで見た」…
買うと決めるまでに様々な理由を考えるはず。


でも、電気はどうでしょうか?
今までの電力会社は、お住まいの地域で決まっており、選ぶことは出来ませんでした。
それが、北海道電力・東北電力・東京電力…といった各地方電力会社です。
このように各地方一社だけで管理する体制は、安定供給が可能になる反面、
発電のコスト管理やサービス内容、電気料金の設定がその一社に任されており、
消費者にとって本当に有益なのか?という部分が見えにくくなっていました。
そこで、各地方電力会社以外の電力会社を新規参入させることで、
様々なサービス・料金プランが生まれ、消費者がサービスを見比べられるようにしよう!
というのが「電力自由化」の始まりです。
そのための制度や法律の整備が、2000年以降活発に行われましたが、
最初は、大規模な工場やビルのみが対象となるだけでした。
その後、規制の緩和が徐々に行われていき、
私たち一般家庭が対象となったのは、2016年4月のことで、
これをもって、電力小売の「全面自由化」となりました。


本格化したのは実は4年前という、まだまだ歴史の浅い「電力自由化」。
・各地方電力会社以外の会社が電気を販売できる。
・販売会社を「消費者主体」で選んで決めることができる。
この2つが最大の特徴というわけです。
安さ、サービス、ライフスタイル、周りの評判。
皆さんは電気をどれで決めますか?


■選べる電力会社 「新規参入事業者」のこと
「新規参入事業者」のこと
電力会社を自由に選べる。では、どのくらいの会社があるのでしょうか。
これまでの既存の会社以外に、2016年4月を機に新たに電力事業に参入した企業。
それがいわゆる「新電力」といわれ、新日本エネルギーも新電力に含まれる1社です。
2020年9月現在、経済産業省に登録している事業者の数は、
なんと 672 事業者!* 各事業者には登録番号が割り振られています。
(ちなみに、新日本エネルギーの登録番号は「A0463」です。)
「ホントにそんなにあるの?」という質問が出てくると思いますが、
実は、すべての事業者が全国で販売しているわけではございません。
例えば、関東地方だけ。中部地方だけ。福岡県だけ。といったように、
事業者自体も取り扱いの範囲を自由に申請することができるので、
普段、CMなどで見慣れている所もあれば、地域限定で営業している所もあります。


消費者だけでなく、販売する企業も自由に参加することできる。
これが電力自由化が持つ、もう一つのメリットです。


*参考サイト:経済産業省 資源エネルギー庁「電気事業制度の概要」
登録小売電気事業者一覧 ※外部サイトを開きます。